新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 趙耀輝  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

ツボ「三陰交」の刺激の仕方

IMG_0850.jpg

①手の親指で三陰交を下から上に向かってグッグッと強く圧する。左右を反対に行う。(左の親指は右足の三陰交に刺激する、右の親指は左足の三陰交に刺激する)

・あまり痛みを感じなければ、ツボの正確な位置が捉えられていないので、わずかに位置を前後にずらせながら圧してみて痛い部分をさがす。

・息の吐き方は前項と同様です。

・一回の刺激は最低50100回以上行う。

②軽くあぐらをかき、脛(すね)を包み込むように手をそえる。両手の親指を三陰交に沿え、上半身の体重を親指にかけるようにして押す。

③両手の親指を並べて、あるいは重ねて三陰交を刺激する。膝に向かって円を描くように押しもみする。

  三陰交を刺激すると、にわかに口の中で少し唾液が出て、口中が爽やかになります。

*なるほどな~と思った方はココをクリック!
Copyright © 毎日いきいき健康法 All Rights Reserved (監修)趙 耀輝

キーワード: 三陰交 ツボ 健康 中医 伝説 治療
スポンサーサイト
by 趙耀輝  at 22:27 |  簡単ツボ健康法 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

健康回復院案内
TEL:03-5421-0419
場所:東京都渋谷区恵比寿  1-11-1エビス小林ビル3F
受付時間:10:00~20:00
専門家紹介
趙 耀輝(チョウ ヨウキ)
1957年中国・北京生まれ。 (国立)中国北京中医薬大学卒業。 同大学漢方医学・鍼灸・気功整体・按摩学講師。
WHO公認世界医学気功学会常務理事。 同学会特別認定医学気功専門家。 教学、臨床歴30余年。
専門家の著書
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンクについて
*当サイトはリンクフリーです。 どのページに貼って頂いてもOKです。 また、その際に連絡も必要ありません。 *相互リンク募集中です! ブログ内のメールフォームより ご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。