新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 趙耀輝  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

ツボ健康法「内関(ないかん)」

naikan.gif
心と体のバランスを整え、気分をリフレッシュさせる

ツボの位置:

 内関は、人体の肝心のところで、経絡の血気が内外に往来する時に必ず通過する関所である。そのため内関という名を得た。位置としては、前腕部の前面、手首の根元の線の中央の上方2寸にあたる。

中国伝統医学では、心とからだは深く結びついていると考えます。イライラやめまい、気分が悪くなる等の症状は、心とからだのバランスが崩れることで起こる不調です。このようなとき、からだの気血の流れはとどこおり、循環が悪くなっています。

 心身のバランスを整えるのに、ひじょうに役立つのがこの心包経という経絡上にある内関というツボです。

 動悸が止まらない、イライラする、気分がすぐれないなどの不調を感じたら、そっと内関を刺激してみてください。心が落ち着き、からだの調子も次第に整ってくるはずです。

*なるほどな~と思った方はココをクリック!
↓↓よろしければ、ランキングにご協力ください!
にほんブログ村 健康ブログへ
Copyright © 毎日いきいき健康法 All Rights Reserved (監修)趙 耀輝
スポンサーサイト
by 趙耀輝  at 00:18 |  簡単ツボ健康法 |  comment (7)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ツボ「合谷」の刺激方法

IMG_0861.jpg IMG_0863.jpg
図1                                図2  

刺激の仕方

①ツボの位置

・両手の親指と人差し指の谷間の奥の部分。

②刺激の仕方

  左手の指を付けて、親指を離す。(図1)

  右手の親指の腹を左手の親指と人差し指の谷間に付ける。この時、右手の親指の第1関節の線と左手の親指と人差し指の谷間(三角形)の縁に合うように付ける。

  右手の親指の先を支点として、他の4本の指を揃えたまま90度左に回転させて、左手の小指の側面を握る。このようにすると、右手の親指に力が入りやすい。

  右手の親指の先で上から下へ合谷のツボをグリッグッリと力を入れて圧する。(図2)

  息を吐きながらの原則。

  左手が終わったら、手を換えて右手を行う。左右最低50回行う。

合谷穴の刺激は、ツボに良性の刺激を与えることで、気血をスムーズに循環させ、疾病を癒す情報の伝達をはかることにあり、それには心身をリラックスさせ、全身や手の力の緊張を抜き、合谷穴に意識を集中することが重要です。

*なるほどな~と思った方はココをクリック!
↓↓よろしければ、ランキングにご協力ください!
にほんブログ村 健康ブログへ
Copyright © 毎日いきいき健康法 All Rights Reserved (監修)趙 耀輝
by 趙耀輝  at 00:23 |  簡単ツボ健康法 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ツボ合谷の効果

Img256857373.jpg

ツボ合谷に対応する病気・病状

  頭痛・顔面はれ・眼部疾病・耳鳴り・ぜんそく・三叉神経痛

  歯痛・失音・鼻出血。

・高血圧・中風・半身不随・めまい・手しびれ・肩こり・五十肩

  消化器疾病・腹痛・胃腸けいれん・便秘・下痢

  免疫力増進

  婦人病・生理痛・妊娠中(慎重する)。

  癲癇(てんかん)

*なるほどな~と思った方はココをクリック!
↓↓よろしければ、ランキングにご協力ください!
にほんブログ村 健康ブログへ
Copyright © 毎日いきいき健康法 All Rights Reserved (監修)趙 耀輝

by 趙耀輝  at 00:19 |  簡単ツボ健康法 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

第二中手骨の「生物全息治療学説(Bio-holographic theory)」

b9c00f36f86637d3a2cc2bc5.jpg

 全息疾病診断学とは1973年に中国の医学の研究者の張頴清氏の研究によって発見された新たな診断学びであり、人体のある部分が内臓などの人体の他の部分である主要器官における機能と疾病に変化をもたらし、それが反応するところに内臓と器官またはその内臓と器官の疾病を治療する手がかりがあるとする学問です。


中国伝統医学では、内臓のある部分に病変が生じると、全身のツボのつながりがある経絡に反応し、まるで一本の大樹の根が腐ると樹の全体が傷むように、全身の他の部分にも病が伝達していきます。全身に病が波及すると、その病変はだんだん「経絡の樹」全体に伝わり、「経絡の樹」の葉すなわち体の表面にあるそれぞれの皮膚上のツボにその情報がいきわたります。そのときに、皮膚に光沢や色合いの変化、痛み、敏感性、隆起、くぼみ、皮下のしこりの発生等の現象が現れます。そのため、これら異常現象が現れた場所の経脈に基づいて、内臓病変の位置(病位)及び性質(病性)を推測することが出来ます。これが「生物全息経絡治療」といわれています。


 手のツボ治療方法によって、生物全息ツボを刺激する際、「経絡の樹」の末梢から葉、枝、茎、幹、根に沿って刺激します。そうするとそれら相互に呼応する内臓及び経絡の樹の至る所に刺激が伝わり、経絡、五臓六腑の気血の運行を促進することが出来ます。又その調節能力、抗病能力及び健康回復能力を活性化するため、疾病の予防治療、健身強体の保健効果を得ることが出来るのです。

*なるほどな~と思った方はココをクリック!
↓↓よろしければ、ランキングにご協力ください!
にほんブログ村 健康ブログへ
Copyright © 毎日いきいき健康法 All Rights Reserved (監修)趙 耀輝
by 趙耀輝  at 23:13 |  簡単ツボ健康法 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

お母指とお父指の間「合谷穴」

SS053.jpg

 お母さん指(親指)のことを医学用語では「母指」と言われています。母指は、お母さんのような労苦をいとわず、恨み言を言われても気にかけない。手指の中でも非常に重要であり、中心の役割を持ち、さまざまな複雑的な働きができます。

お父さん指は「人差し指」です。数値を数える時にかならず人差し指から123と数える人が多いでしょう。たとえば、普通は町で道が迷う人と尋ねると、「すみません、○○駅、何の方向ですか」、必ず「人差し指」を指示されます。もし、母指が上げて指示されると、相手は笑うでしょう。又、中国では人差し指「食指と欲望の指」といわれています。人は、食べ物と好きな物があれば必ず人差し指を使って指示します。「あれ」、「これ」、物を欲しいと考える心に起こることを表わしています。

人が手を使って作業をするときに母指と人差し指が向かい合うことは他の指より非常に多いです。この機能は人類が生存するために重要的な役割を持っています。世の中で労災傷害によって指を失うと補償金が与えますが、母指と人差し指が最も高額です。他の三本指は格段と低くなっています。

 よく、言われていますが手を見ると健康チェックができます。合谷のツボの位置のところの親指と人差し指の間の幅、厚み、弾力、柔らさ、色などを自分でチェックして、時々刺激しながら、身体の自覚症状があるかどうか、痛みの感覚が以前と変わるかどうかチェックできます。異変をいち早くキャッチすることは、健康管理にとって非常に大切なことでしょう。
*なるほどな~と思った方はココをクリック!
↓↓よろしければ、ランキングにご協力ください!
にほんブログ村 健康ブログへ
Copyright © 毎日いきいき健康法 All Rights Reserved (監修)趙 耀輝
by 趙耀輝  at 23:26 |  簡単ツボ健康法 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

簡単ツボ健康法④「合谷」

合谷は肩~頭の血流を促し気をめぐらす
200832982854109.jpg

ツボの位置

 合谷は別名(虎口)といわれています。第1中手骨と第2中手骨との間の手背面窪み(くぼみ)に当たる。

 合谷は、人差し指と親指の間のくぼみにあります。人差し指と親指を広げたかたちが、虎が口を開けているようすに似ていることから「虎口」とも呼ばれます。

 合谷を通る大腸経は、腕と肩を通り、顔まで続いていることから、肩・頭の不調によく効きます。

 頭痛をはじめとして、肩こり、上の歯の痛み、耳鼻咽喉の疾患などを緩和します。また、合谷の刺激を習慣づければ、免疫力の向上にもつながります。

 頭や肩部に慢性の疾患がある場合は、合谷が腫れていたり、しこりがあることもあります。

*なるほどな~と思った方はココをクリック!
↓↓よろしければ、ランキングにご協力ください!
にほんブログ村 健康ブログへ
Copyright © 毎日いきいき健康法 All Rights Reserved (監修)趙 耀輝
by 趙耀輝  at 00:17 |  簡単ツボ健康法 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

豆知識「冬至」

新しいビットマップ イメージ

冬至(とうじ)は、中国古代から二十四節気の一つとされています。毎年の1222日(西暦)前後日、および、この日から小寒までの期間のことをさしています。また冬至は陰陽二つの気が自然に転換する日と言われています。古代には、冬至を1年の始まりとしていました。そのなごりで、現在でも冬至は暦の基準となっています。

冬至は敬天地敬鬼神

 古代中国は、その物語はずっと今で広く伝わっています。冬至の日から大地がたんたん寒くなります。万物にはこれから冬蔵に準備をします。人間の祖先と鬼神の魂は同じに陰間で冬を渡って準備をしているので、陽間に生きている人間は毎年をこの日に「敬天地敬鬼神」をしなければならないです。墓を参り、陰間で使う紙銭と紙の服装などを燃やし、挽歌(弔いの歌)を歌い、死亡者に哀悼の意を表わす。中国の漢代は「冬節」と言われています。北方では餃子と餛飩(ワンタン)を、南方では湯圓(アンの入った団子をゆでたもの)を食べる習慣があります。日本では、この日に柚子湯に入り、冬至の粥(赤小豆粥)や南瓜(かぼちゃ)を食べると病気を予防すると言われています。


*なるほどな~と思った方はココをクリック!
↓↓よろしければ、ランキングにご協力ください!
にほんブログ村 健康ブログへ
Copyright © 毎日いきいき健康法 All Rights Reserved (監修)趙 耀輝
by 趙耀輝  at 00:04 |  コラム |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ツボ「足三里」の刺激方法

f0d5b3f30e7f475cd0cf69913780f9b1.jpg

  ツボの位置

両足の表側面の膝蓋骨(膝の皿)の下部のくぼみに手の親指(左脚は左手、右脚は右手)を掛け、各指を付けて小指の付け根の部分に当たるところのすぐ下、脛骨の外側面が「足の三里」です。

  刺激の仕方

・①の小指を脚に当てたままの状態にしておき、空いている一方のての中指を小指に添わせて、三里に対して直角に立てて、その状態を保つ。

・次に最初の手をはずして、直角に立てた中指を掌で覆うように押さえる。

・押さえた掌で中指をグッグッと圧する。

・中指は下から上にすり上げるように動かす。掌で推する力が中指に伝わり三里に刺激を与えます。

・舌を上あごにつけて口を結び、息を吐きながら行うのはいつも原則です。

*なるほどな~と思った方はココをクリック!
↓↓よろしければ、ランキングにご協力ください!
にほんブログ村 健康ブログへ
Copyright © 毎日いきいき健康法 All Rights Reserved (監修)趙 耀輝
by 趙耀輝  at 23:26 |  簡単ツボ健康法 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

足三里に対応する病状・症状

0482501ba9d1def7ae513326.jpg
          (古代中国の薬の鉢)

ツボ「足三里」に対応する病気・症状

*三里は百病を治すと言われる。

*免疫力増強・各種ガン疾病手術後の回復。

*消化器病・胃潰瘍・急性胃腸炎・脱肛・遺尿症・下痢。

*頭痛・眼部疾病・耳鳴り・めまい・歯痛・花粉症・鼻部疾病。

*半身不随・膝関節痛・四肢麻痺(しびれ)・四肢冷え性・足の無力。

*動悸・心悸・肺臓疾病・ぜんそく・気管支炎・婦女乳房病。

*精神衰弱・不眠症。

*長寿のツボといわれています。


*なるほどな~と思った方はココをクリック!
↓↓ランキングにご協力ください!
にほんブログ村 健康ブログへ
Copyright © 毎日いきいき健康法 All Rights Reserved (監修)趙 耀輝
by 趙耀輝  at 23:29 |  簡単ツボ健康法 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

三里は無病長寿のツボ

eyes0187.jpg

 「足三里」は日本でも昔からよく治病んち予防面に使用されています。天保15年の時、三河の国の庶民万平氏は、242歳まで長生きし、その子孫も100歳以上長生きした夫婦が3組いるという伝説があります。彼らが長生きした理由として、時々足の三里のツボにお灸を行っていたという記載があります。また松尾芭蕉翁の『奥の細道』にも、芭蕉が旅をする時には必ず足三里に灸をしていた、という記録がありました。

 足三里ツボについて私が体験した話をしましょう。昭和63年に来日後、ある日、私は埼玉県で85歳なったあるお爺さんのところへ健康管理ために会いに行きました。初見、そのお爺さんは僕に、「僕は元気ですよ。何にも病気は持ってないですよ」、と言われました。

「趙先生、機械(身体)が古いですからメーンテナンスしてくりますか。」「はい、できます。」と私は答え、一時間くらいツボ健康整体を行ってしました。整体が終わった後、お爺さんに尋ねました。「どうでしたか。」おじいさんは「うん、気持ち良いですよう。でも何か足りないなあ」、と答えられました。

「趙先生、足の三里はやってくれましたか」、「はい、できます。」私はすぐもう一度おじいさんの足の三里のところで刺激しました。すると、おじいさんは、「もっと強くしてください。」といわれました。整体が一通り終わって、おじいさんは、「よく効きましたね。」とおっしゃられました。

その後、私は逆にお爺さんが尋ねました、「よく足の三里のツボのことをご存知でしたね。」お爺さんは直ぐ両足のズボンを上に上げ、足の三里のところに500円玉の大きさの焼けと後の残った傷痕(きずあと)をさしました。「とうしたのだろう、私は非常に不思議に思いました。」

 すると、お爺さんは答えられました。「児さ時、自家のおばあちゃんが足と腰が痛いときによく足の三里のところでお灸しました。それを見て、覚えた。「私はこのツボで一命を助かりました。戦争で私と義兄二人が捕虜になったとき、私たちは非常に寒いところで、悪天候で、食べるもの足りない、医薬品が少なく、重労働をして伝染病にかかり、全身の痛みがしばしば身体を襲いました。夜は樹葉を巻きにして、足の三里のところでお灸にしました。お灸を足三里にしたらとっても気持ちよかです。そして、やっと生きて帰還した。」

古くから日本にも中国のツボの健康法が伝わり、多くの方が今日も実践していることを知り、私はとても勉強になりました

*なるほどな~と思った方はココをクリック!

Copyright © 毎日いきいき健康法 All Rights Reserved (監修)趙 耀輝
にほんブログ村 健康ブログへ
by 趙耀輝  at 00:27 |  簡単ツボ健康法 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

三里は「鬼邪」を追い出す

DW168.jpg

伝説では、昔、中国の黄河流域のところで、ある年、冬至の日に大雪が降った。大地は真っ白な雪に覆われ、天気は非常に寒いです。そんな真冬の厳しい中、破れた古い寺院の中で一人の母親から一個元気な嬰児が生まれました。悪天候の中のお産であり、また産後の大出血のため母親はすぐになくなりました。

ちょうど三華里(約1500メートル)外のところに一人のおばあさんがいました。生まれたばかりの嬰児の泣きの声がきこえ、泣き声は天をも驚かし、地をも動かす、世の中をびっくりさせるくらい大きかった。真冬の中、回りには人が少ないのになぜ嬰児の泣き声があるのか不思議に思ったおばあさんは、様子を見に行きました。

ところが出かけて突然、おばあちゃんの目は何にも見えないようになります。《古代中国では病気になる原因を鬼邪が体に取り付くことだと思っていました。(本当は現代医学で言う雪盲病の一種だと思われる)》そうこうしているうちに近くからかすかに聞こえていた嬰児の泣き声はだんだん聞こえなくなってきました。幼児が弱ってきているのです。「大変だ!速く行かないと嬰児の生命があぶない」。目が見えなくなりながらも泣き声を頼りに何とか、古い寺院で幼児を見つけたそのおばあさんは、幼児を抱きかかえ、嬰児を家に連れて帰りました。しかし、帰ってきたら深い雪道を歩いたせいか急に両足に激痛がして、立っていられないほどになりました。《今度は鬼邪が両足につきまとったのだとおばあさんは思いました。(本当は急性の風湿性の関節炎だと思われる)》その後おばあさんは、目が見えなくなり、足を痛めながらも、苦労して拾った幼児を育て、子供はだんだん大きくなりました。

五年後のある日、元気に育った少年は子ともはおばあちゃんに尋ねました。

「おばあちゃん、僕の名はなぜ三里と呼ぶのですか。」おばあちゃんは答えました、「あなたの泣き声は三里の外にも聞こえたからですよ。だから「三里」の名をつけました。」

「おばあちゃんは、なぜ目が見えないの?」おばあちゃんは答えました、「悪い鬼邪は悪事するときに人間にその姿を見られたらいけないのです。」

「おばあちゃん、なぜ足はいつも痛いの?本当鬼邪がいるの?お母さんはなぜ死だの?なぜ、おばあちゃんはずっと生きているの?」「人間は何時でも死ぬ、何時でも鬼邪がつきまとう。しょうがないのです。」と答えました。

「おばあちゃん、僕は力がある、鬼邪と戦う。鬼はとこから出てくるの?」おばあちゃんは考えずに、「足からです。」と答えしました。

その後三里くんは毎晩、毎晩拳を握っておばあちゃんの足をたたきました。口中で「三里が鬼邪をやっつける。三里が鬼邪をやっつける」と言いながら。

一年後、おばあちゃん元気になりました。目も見えるようになり、両足にも力が戻り、歩けるようになりました。三里は本当に鬼を倒し、おばあさんの病気を治したのです。鬼邪は三里の拳に負けたのです。

おばあちゃんはとうとう百歳を超えるまで長生きをしました。三里が毎日毎日を鬼邪と戦ったことはずっと今まで伝わっています。

後に人々は、「三里」が目と足に良いツボだと覚え、「鬼邪」が悪さをすることをすっかり忘れさりました。


*なるほどな~と思った方はココをクリック!

Copyright © 毎日いきいき健康法 All Rights Reserved (監修)趙 耀輝


by 趙耀輝  at 23:56 |  コラム |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

簡単ツボ健康法③ 足三里(あしさんり)

EPSON002.jpg txdnet-20080408122903-6911.jpg
               図1                図2

胃腸の調子を整え消化器官を丈夫にする

足三里は、別名(鬼邪)、小腿前外側、外膝眼の下方より5指離れた所、脛骨の外側に当たる。両足とも同様。(図1・2参照)

足三里の「三」は、中国では幸運を意味します。「里」の文字は「田」と「土」から成り立ちます。つまり、田と土から生まれる食べ物を指す言葉で、胃腸と深い関わりがあることを意味しています。

足三里は、あらゆる胃腸の疾患に効果があり、無病長寿のツボと言われています。胃腸の不調がある場合は、左足の足三里を重点的に刺激すると、即効性があります。

足三里がある胃経は、下の歯の痛みに効く大迎、鼻の疾患に効く巨髎というツボなどがあるため、足三里へ刺激は、歯痛や花粉症の治療効果もあります。

胃経は胃の経絡です。食物を消化吸収する役割を担う胃は非常に重要です。胃経には45のツボがあり、とくに足三里は重要です。


*なるほどな~と思った方はココをクリック!
Copyright © 毎日いきいき健康法 All Rights Reserved (監修)趙 耀輝

by 趙耀輝  at 23:47 |  簡単ツボ健康法 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
健康回復院案内
TEL:03-5421-0419
場所:東京都渋谷区恵比寿  1-11-1エビス小林ビル3F
受付時間:10:00~20:00
専門家紹介
趙 耀輝(チョウ ヨウキ)
1957年中国・北京生まれ。 (国立)中国北京中医薬大学卒業。 同大学漢方医学・鍼灸・気功整体・按摩学講師。
WHO公認世界医学気功学会常務理事。 同学会特別認定医学気功専門家。 教学、臨床歴30余年。
専門家の著書
月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンクについて
*当サイトはリンクフリーです。 どのページに貼って頂いてもOKです。 また、その際に連絡も必要ありません。 *相互リンク募集中です! ブログ内のメールフォームより ご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。